読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく

まとまりなくアウトプットしていくことを目指す

車中泊 10のメリット

はてなブログではあまり見かけない?!車中泊

 

ヤギさんのキャンピングカー生活が始まり、アンチなブロガーがそれをたたく。

キャンピングカーがはてなブックーマークで急浮上しているような気がします。

 

ヤギさん、楽しいレポート待っています。

www.jimpei.net

 

いろいろ言う人がいますが、キャンピングカー乗りの意見はしっくりきます。

travelworknews.com

 

 

私は車中泊歴20年ぐらいです。キャンピングカー乗りではないですが、車中泊のメリットを書いてみました。

 

1.宿代がかからない

 

車中泊を始めようと思ったきっかけがコレという人も多いはず。

夫婦2人で一泊1万円のホテルに2拍すると、4万円!旅行をたくさんしたくても宿代が重くのしかかる。

高速道路のSAやPA、道の駅で仮眠すれば、もちろんタダです。

浮いたそのお金をご飯にまわせます。

 

 

2.渋滞に巻き込まれないような予定を組める

 

毎年の夏休み、冬休み、ゴールデンウイークの渋滞にはうんざりしちゃいます。

車中泊をうまく使うと、前日の夜から目的地の近くまで行けるので、渋滞を避けることができます。

これをやるようになってから、時間の無駄をかなり減らせたと思います。

 

 

3.トップシーズンの宿の予約を気にしなくなる

 

ゴールデンウイークや夏休みの数日前に、どこかに行きたいと思うことがあります。しかし、繁忙期の予約を取るのは難しいです。

以前は、楽天トラベルや一休など、直前に空いていなくて(当たり前かもしれないですが)やきもきしてました。

車中泊ならもちろんホテルの予約を気にする必要はありません。

思い立ったら旅に出よう^^

 

4.チェックイン&チェックアウトの時間を気にしなくていい

 

ホテルや宿を予約すると何時に行きますと伝えます。

これ、結構プレッシャーになります。あと、ここも行きたいけど、宿には6時に行きます(7時からご飯なので)と伝えていたので、残念ながらパスということもあります。

車中泊では偶然出会ったスポットもゆっくり楽しめます。

 

 

5.風呂を選び放題

 

車中泊の場合、予定を組む際から風呂も考えます。

どうしても良い風呂を選ぶ傾向があります。

毎日、いろんなお風呂に入れるので楽しいです。

 

 

6.ご飯も選び放題

 

食べログを見て、現地のおいしいお店を探して、そこで晩御飯は良いです。

地元の人と話したり、宿で夕食を食べるのとまた違った雰囲気を味わえます。

 

 

7.慣れた枕と布団で寝られる

 

いつも使っている布団と枕で寝るので、かなりリラックスできます。

いつもの枕だとすぐに爆睡できます

 

 

8.着いたら目の前は目的地

 

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、朝一から行動できます。

目的地に近いところで車中泊できるので、水族館、動物園や国営公園など混むところでもオープンした直後の空いている時間に遊べます。

 

 

9.早寝早起きになる

 

夜は特にすることもなく、温泉で温まった状態で、日中動きまくって疲れていれば、寝てしまいます。家電製品に囲まれていない車中泊は早く寝られます。その分、朝は早く起きることができます。

 

 

10.秘密基地感をあじわう

 

子供のころのわくわく感に似たようなものを味わえます(たぶん、人によるかな?!